プレゼント応募はこちらから

倉敷美観地区の老舗店「手打ちうどん おおにし」の瀬戸内おろしレモンうどんが人気

暑ーーい夏に食べたい冷たーーいうどん🍜🎐

倉敷でおすすめの夏うどんをご紹介します。

第2回は「手打ちうどん おおにし」

倉敷美観地区の老舗うどん店にさっぱりとおいしい夏うどんがあるんです!

(おすすめ夏うどん情報はこちらまでお願いします🙇)

倉敷美観地区の老舗うどん店「手打ちうどん おおにし」

倉敷美観地区の川沿いにたたずむ「手打ちうどん おおにし」。

テーブル席とカウンター席の広い店内では、店主の大西洋さんが打つ本格的なうどんが食べられます。

お店は大西さんの母・三枝子さんが開いて、来年2023年で50周年を迎える老舗です。

洋さんは、三枝子さんが香川県で修業した手打ち麺の技関西風のかつお昆布だしを、昔ながらの製法で受け継いでいます。

1番人気は「瀬戸内おろしレモンうどん」

1番人気は、「瀬戸内おろしレモンうどん」です。

使用しているのは広島県の瀬戸田産レモン。瀬戸内の温暖な気候で潮風を受けて育つため、苦味や渋みがなく、すっきりとした味わいが特徴です。

瀬戸田産レモン

温かいものと冷たいものを1年中提供していて、温かい出汁を冷やした冷たいうどんは夏の体を冷ましてくれます!

老舗店としては比較的新しい2018年に生まれたメニューにもかかわらず、地元だけでなく県外からもリピーターが絶えません。

使用しているレモンは、10月から11月ごろには酸味が少し強いグリーンレモンになるなど、四季折々のレモンに変わるということです。

今回は冷たいうどんをいただきましたが、温かいものも味わってみたいですねぇ。

うどん店になぜ?有名作家の作品が展示!

店内を見渡すと、なんと!

棟方志功芹沢銈介といった倉敷ゆかりの作家の作品が壁にかけられているんです!お母さまが購入したものなんだそうですよ!

うどんを食べるだけでなく、ギャラリーとしても贅沢な時間を過ごせます。

手打ちうどんおおにしの店舗情報

手打ちうどん おおにしは、倉敷美観地区の倉敷川沿いにあります。倉敷SOLAや日本郷土玩具館の倉敷川を挟んだ向かいです。

倉敷美観地区を訪れた際にはぜひ瀬戸内おろしレモンうどんを味わってみてください!

住所 倉敷市本町5-29
電話 086-422-8134
営業時間 平日10:00~18:00 土日祝10:00~17:00
定休日 不定休
Instagram @teuchiudon_onishi

✔今回取材した「夏うどん特集」を動画でも視ることが出来ます。倉敷ケーブルテレビのYouTubeをぜひチェックしてみてください!