プレゼント応募はこちらから

倉敷市真備町に本格讃岐うどん瀬戸の香が3月18日グランドオープン

倉敷市真備町に、香川県の本格的な讃岐うどんを食べることが出来るうどん店「本格讃岐うどん 瀬戸の香」が3月18日グランドオープンします。

香川県出身の店長ならではの、コシのあるうどんを食べることが出来ますよ~!

真備町に新しいお店が続々登場していて賑わってきていますね。

瀬戸の香ってどんなお店?

場所は、倉敷市真備町有井。飲食店が立ち並ぶ敷地の一角にあります。

お店の名前は、香川県出身で店主の末本さんなどが、「瀬戸」大橋「の」先、「香」川県でうどんの修業したことから名付けたそうです。

末本光一店長

西日本豪雨の時に丁度真備で仕事をしていたんです。その時は何もできませんでしたが、うどんを食べていただくことで真備町のにぎわい創出の役に立てればと思っています。

香川県のうどん店3店舗で修業した末本さん。麺づくりにもこだわっていて、氷を使わずに水で冷やすことでもっちりとした「コシ」のあるうどんを生み出しています。

来店したお客さんにうどんづくりを目で見て楽しんでもらいたいと、店内にはガラス越しに麺を打つところが見えるスペースが用意されています。

おすすめメニューは「瀬戸天ぶっかけ」

瀬戸天ぶっかけ(1,100円 ※8月末まで1,000円)

おすすめメニューは「瀬戸天ぶっかけ」

「目で楽しみ、口で味わい、心に響く一杯」をコンセプトに作られています。瀬戸内の旬の食材と季節の野菜の天ぷらをのせた一杯です。

季節の野菜天ぷらは現在、アスパラと菜の花の天ぷら(4月末まで)です。

アスパラはジューシーで柔らかくそして長い「さぬきのめざめ」という貴重なアスパラを使っているそうですよ~(※仕入れの状況によって違う事があります)

2022年8月末までオープン価格の1000円で食べることが出来ますよ

ココット

だしがあっさりしていて、天ぷらの衣と混ざってもおいしい!

「梅わかめうどん」もおすすめ

梅わかめうどん(650円)

もう1つおすすめしたいのが「梅わかめうどん」

紀州和歌山の大粒な梅と鳴門産のこりこりなわかめがたっぷりのったうどんです。

程よい酸味と甘さの梅にわかめのうまみが溶け出たおだしが絶品ですよ~!

その他のメニュー

瀬戸の香のそのほかのメニューはこんな感じ?です。

オープン記念キャンペーン

オープンを記念して2022年3月末までうどん一杯につき「かしわ天1個無料サービス」を行うそうです。

外はサクっ!中はふっくらジューシーな瀬戸の香自慢の鶏むね肉のかしわ天です。

店舗情報

取材させていただいた日はオープン前でまだテーブルなどが揃っていませんでしたが、テーブル、カウンター席あわせて42席になります。

「おこさまうどん」は無料など、嬉しいサービスもたくさんある「瀬戸の香」

グランドオープンは2022年3月18日ですよ~

末本光一店長

香川県の本場のうどんを岡山の皆さんに味わって頂ければと思います。

住所 倉敷市真備町有井94
営業時間 11:00~20:00
電話 080-4268-3435
客席数 全42席